京都写真フリー素材

77日は「七夕の節句」。「笹の節句」とも呼ばれ,五節句のひとつにも数えられています。そもそも七夕とは,中国に古くから伝わる織姫と彦星の伝説。さらに,棚機女(たなばたつめ)と呼ばれる織物の上手な乙女が機を織り,祖霊に捧げる“棚機(たなばた)”という日本古来の行事が結びついたと言われています。

また,中国には同じ77日に,手芸や習字の上達を星に祈る“乞巧奠(きっこうでん)”という習わしがあり,平安貴族たちはこれをまねて,彦星を運ぶ舟の“舵”と同じ読みの“梶”の葉に和歌を書いて願い事をしました。全国的に七夕の節句が行われるようになったのは,江戸時代から。梶の葉の代わりに短冊に習い事の上達などの願い事を書き,笹竹につるして星に願う行事へと変わっていったのです。

中国の伝説と風習,そして日本古来の行事が一緒になって進化し,受け継がれてきた「七夕」。これからも,みんなで大切にしていきたい節句ですね。

動画授業「京のほぼ30秒講座」も,要チェック!