花街が継承する伝統伎芸

芸妓や舞妓は,一流の師匠の指導の下,稽古場※などで舞・踊り,長唄,小唄,常磐津,清元,鳴物(小鼓,大皷,太鼓),笛,琴などの芸事に精進するほか,茶道,書道,華道などの教養を身につける。

舞踊公演は,1872年(明治5年)の京都博覧会に訪れる客へのおもてなしとして開催された「都をどり」(祇園甲部)と「鴨川をどり」(先斗町)に続き,1950年(昭和25年)初演の「京おどり」(宮川町),1952年(昭和27年)初演の「北野をどり」(上七軒),同年初演の「祇園をどり」(祇園東),と各花街で続けられている。

1994年(平成6年)に平安建都1200年を祝う催しとして開催された五花街合同公演は,京都の初夏の風物詩ともなっている。

maiko

また,芸妓や舞妓の習い事の一つである茶道は,花街のおもてなしの重要な要素であり,礼儀作法の基本として,大切に受け継がれ,舞踊公演時などに設けられる茶席では,芸妓や舞妓が点前などで客をもてなしている。

このように,京都の各花街においては,伝統伎芸をはじめとする伝統文化が継承されている。

※ 稽古場は各花街にあり,そのうち八坂女紅場学園(祇園甲部),東山女子学園(宮川町)は学校法人となっている。

<流派と公演>

花街名流派公演
祇園甲部京舞井上流都をどり,温習会
宮川町若柳流京おどり,みずゑ会
先斗町尾上流鴨川をどり,水明会
上七軒花柳流北野をどり,寿会
祇園東藤間流祇園をどり

<五花街合同の公演>

公益財団法人京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)主催 五花街合同公演

odori

<現状と課題>
伝統伎芸を深く楽しむためには,観る側の文化的素養も必要であるが,今日,舞・踊り,邦楽などに触れる機会が少なく,日本の伝統伎芸を鑑賞して理解できる人が減少してきている。子どもの頃から日本の伝統伎芸に触れる機会を増やすなど,すそ野を広げていく取組が求められる。

 

Copyright © 京都市文化市民局文化財保護課 All Rights Reserved.