京都の夏を締めくくる地域の行事「地蔵盆」。子どもにとっては,夏休み最後のちょっとしたお祭というイメージですが,本来は,地蔵菩薩の供養会で,京都をはじめ近畿地方で伝統的に受け継がれています。

地蔵盆でよく見られる光景に「数珠まわし」という“おつとめ”があります。町内によって違いはありますが,長さ3〜5mほどの大きな数珠を,老若男女が輪になり,念仏を唱えながら繰り送ります。自分のところに大きな房の部分がまわってきたら,一礼するのを忘れてはいけません。まわす回数は,人間の煩悩の数と同じ108回。みんなで一緒に!とはいえ,大きな数珠を繰り送るのは,なかなか大変ですね。

最近は,子どもの数が減り「数珠まわし」ができない町内もあるようですが,近所にお地蔵さまがある限り,「地蔵盆」を大切にしていきたいものです。

動画授業「京のほぼ30秒講座」も,要チェック!