新しい年を迎えて7日目。1月7日は,「人日の節句」または,「七草の節句」といい,春の七草が入った七草粥を食べる風習がありますね。

この風習の起源は古代中国。その昔,中国では正月元旦(1月1日)を鶏とし,6日までをさまざまな動物に見立てた占いを行う日としていました。人を占う日にあたる7日は処刑を行わない,としていたため「人日」と呼びました。また,この日には,7種類の野菜を入れた汁物を食べたとされます。奈良時代に日本に伝わったのがはじまりで,その後,お正月に若菜を摘んで食べる“若菜摘み”や7種の穀物をお粥にして食べる風習などと結びついたと言われています。

セリ,ナズナ,ゴギョウ(ハハコグサ),ハコベラ,ホトケノザ(タビラコ),スズナ(カブ),スズシロ(ダイコン)。春の七草をすべて合わせると約12種類の薬膳効果があり,ビタミンやミネラルも含まれているとか。お正月に食べ過ぎて弱った胃や風邪の季節には,うってつけの風習かもしれませんね。

動画授業「京のほぼ30秒講座」も,要チェック!