旧暦の亥の月(現在の11月),最初の亥の日の亥の刻に,イノシシの子のようなカタチをした「亥の子餅」を食べると,万病から逃れると言われています。さらに“亥”は中国の陰陽五行説で水性にあたることから,火災を逃れるという考えが。このことから,亥の子の日に囲炉裏やこたつ開きをする風習ができあがりました。

さて「亥の子餅」ですが,じつは紫式部の『源氏物語』に登場する場面があり,大豆・小豆・大角豆(ささげ)・ごま・栗・柿・糖(あめ)の7種類の粉を入れてついた餅と書かれています。その後,鎌倉時代にはイノシシが多産であることから,子孫繁栄を願う意味も含まれたとか。今では「亥の子餅」を販売している和菓子店や地域によって,その作り方も,亥の子のデザインもさまざまなものがあるようです。

寒さがだんだんと厳しくなってくる季節。今年も亥の子餅を食べるのをお忘れなく!

▶▶▶動画授業「京のほぼ30秒講座」も,要チェック!