京都には,世代を越えて暮らしの中で伝えられてきた数多くの無形文化遺産があります。それらの価値を再発見,再認識し,大切に引き継いでいこうという気運を盛り上げるため,平成25年4月,京都市独自の仕組み「“京都をつなぐ無形文化遺産”制度」を創設し,これまでに「京の食文化」「京・花街の文化」「京の地蔵盆」「京のきもの文化」「京の菓子文化」の5件を選定しました。
この度,季節感を実感でき,家族や地域のつながりを深める重要な役割を果たしてきた「京の年中行事」を6件目の選定対象として検討することとしました。
つきましては,市民の皆様の暮らしの中の年中行事について,以下のアンケートを実施しますので,御協力よろしくお願い申し上げます。

◆ 募集期間

平成29年6月5日(月)~平成29年8月31日(木)

◆ 応募方法

以下のフォームから応募してください。

◆ 御意見の取扱い
 この意見募集で収集した個人情報につきましては,「京都市個人情報保護条例」に基づき適切に取り扱い,他の目的に利用することは一切ありません。

 なお,御意見に対する個別の回答はいたしませんので,あらかじめ御了承願います。

◆ 問合せ先
〒604-8006
京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階
京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課
電 話:(075)366-1498/FAX:(075)213-3366

電子メール:bunka-hogo@city.kyoto.lg.jp


応募フォーム
 年中行事とは,毎年特定の時期に家庭や地域等で行われる行事です。年中行事を行う日は「ハレの日」と呼び,日常である「ケの日」と分けて,一年の暮らしの中にリズムをつくってきました。
<年中行事の例>
 正月,七草,初午,節分,上巳の節句(雛祭り),端午の節句,夏越,七夕,お盆,地蔵盆,十五夜,亥の子,七五三,年越し,祭り,二十四節気など
1 あなたが大切にしたい,家庭や地域で引き継がれてきた「年中行事」を教えてください。
行事名
(例)正月
どういったことを行いますか?
(例)白味噌丸餅のお雑煮を食べる。
行事名(必須)
どういったことを行いますか?(必須)
行事名 どういったことを行いますか?
行事名 どういったことを行いますか?
行事名 どういったことを行いますか?
行事名 どういったことを行いますか?
2 「年中行事」を大切だと思う理由であてはまるものにチェック「✓」してください(複数可)。
伝統や風習を大切にしたいから 季節を感じられるから
暮らしにメリハリがつくから 祈願や感謝等の行事の意義が大切だから
地域の結びつきを深めるから 親族や友人が集まる機会になるから
行事特有の食文化等もあるから 地域への愛着や誇りを育むから
特に理由はないが慣習なので
その他
3 「年中行事」を継承していくための普及啓発のアイデア,その他御意見等を自由に御記入ください。

※ 御意見を取りまとめる際の参考としますので、差し支えなければ御回答ください。 
【性別】男性女性
【年齢】20歳未満20歳代30歳代40歳代50歳代60歳代70歳以上
【お住まい等】京都市在住京都市通勤・通学(京都市在住除く)その他